矯正方法の種類

矯正の装置は大きく分けて4種類あります。

それぞれ特徴がありますので、選択していただくことが可能です。

 

メタルブラケット

最も浸透している歯の表面に装着する金属性の矯正装置。

メリット

・費用が安い

・矯正効果が高い

デメリット

・金属の見た目が目立つ

 

審美ブラケット

セラミックや樹脂製で歯の表面に装着する矯正装置。

メリット

・見た目が目立ちづらい

デメリット

・費用が高い

・目立ちづらいが表に装着するためブラケット自体は見える

 

裏側矯正

葉の裏側に付ける矯正装置。

メリット

・表から見えづらいので目立ちづらい

・矯正による虫歯になりづらい

デメリット

・費用が高い

・矯正装置が舌にあたるため、違和感を感じる、発音がしづらくなる

 

マウスピース矯正

透明なマウスピースを付け替えることで、歯を少しづつ動かく矯正装置。

メリット

・透明なマウスピースで目立ちづらい

・取り外しができ衛生的

デメリット

・歯を動かす幅が大きい場合は利用できない

・装着時間等ルールに沿って使用しないと効果が得られない

 

1 / 11