矯正日のお知らせ❄️

2月
3日(土) 9時~12時
21日(水) 16時~19時

 

3月
3日(土)9時~12時
28日(水) 16時~19時

上記の通りです。
ご不明な点がございましたらお気軽にお申し付けください。

お水が冷たい(>_<)

 

おはようございます。歯科衛生士の松本です☆

雪が降ったり寒い日が続きますがみなさん
風邪など引かれていませんか?

この時期水道から出る水も冷たくなり
歯磨き後のうがいがしみるという
患者さんがとても多いです。

 

虫歯にもなっていないのに
歯がしみる知覚過敏(>_<)

みなさん言葉は聞いたこと
あるのではないでしょうか。

知覚過敏はその名の通り
感覚が過敏になっている
状態です。

 

あまり症状が酷くない場合は
知覚過敏用の歯磨き粉を
つかうことで良くなることも
あります(^^)

しかし
知覚過敏の原因はさまざま
考えられるのでその原因を
解決しなければ治らない
場合もあります。
自分自身で気をつければ予防できることもあります!

知覚過敏だと思っていたら
実は虫歯になっていた、

というケースもあるので
歯がしみて悩んでいるという方

これぐらい我慢してしまおう・・・(>_<)と思わず
ぜひ一度相談にいらして下さい!

 

歯の主な役割について

こんにちは!歯科衛生士の平田です🌼

歯を使うのは、食べるときだけだと思っていませんか?

もちろんそれも重要な役割ですが、他にも快適に生活を送る為に欠かせない役割があります!!

歯の役割を理解し、歯の大切さについて再認識しましょう。

⭐️食べ物を噛み砕く

きちんと咀嚼することによって、栄養の吸収を助け、胃腸への負担を軽減します。

⭐食感を楽しむ

楽しくおいしい食事には、「歯ざわり」や「歯ごたえ」が欠かせません。

⭐正しい発音を導く

正しい歯並びは、正しくはっきりした発音を助けます。

⭐豊かな表情をつくる

美しい歯並びは笑顔をひきたてるだけでなく、顔のバランスを整え、豊かな表情をつくります。

⭐異物を認識する

硬さの違う物を噛んだときの違和感で、口に異物が混入したことを認識し、体内へ取り込むことを防ぎます。

⭐力を発揮する

歯をしっかり食いしばることで、全身に力が入り、力を発揮します。

銀歯を白く変えたい

こんにちは、受付の小柳です。最近は降雪や寒波の影響で寒い日々が続いていますね❄️インフルエンザが流行っており体調を崩される患者様も多くいらっしゃいます。私も体調に気をつけ、手洗い・うがい・マスクは必ずするように心掛けています。まだまだ冬は続きますが元気に乗り越えていきましょう!

 

さて、私事ではございますが先日ずっと気になっていた銀の詰め物を白い詰め物に変えました✨銀の詰め物は子供の頃に入れた物なのですが、なんと私が金属アレルギーになった原因だったのです。保険の金属は口の中で錆びやすいと言われており、溶け出した金属が蓄積されアレルギー反応が起こるとされています。酷くなると口の中や身体中に炎症や皮膚炎、脱毛症を起こしてしまう場合もございます。実は銀歯が原因で金属アレルギーを起こしていた‥という方も多いのではないでしょうか。

銀の詰め物は保険診療で安く治療ができ、金属のため壊れにくいというメリットがございますが、見た目が美しくない、二次虫歯にかかりやすい、金属アレルギーを引き起こしやすい、歯茎が黒くなる可能性がある等のデメリットもございます。

当院ではいくつか詰め物の種類をご用意しておりますので気になっている方はお気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

歯肉炎の症状はありませんか?

こんにちは!歯科衛生士の平田です🌼
みなさん普段歯磨きをしているときに、血が出てきたことはありませんか?
鏡でみてみると歯茎が赤くなっていたり、プクプクと腫れたり丸くなっているところはありませんか?
あてはまるものがある方は、歯茎が『歯肉炎』という状態かもしれません!!
歯磨きできちんと汚れが取れていないと、お口のなかではプラーク(歯垢)と呼ばれる細菌の塊が食べかすや飲み物を餌に繁殖します。そして、その細菌により歯茎が歯肉炎になり、赤くなたり出血してしまうのです。

 

歯肉炎の症状がある方、歯肉炎を予防したい方、ぜひ来院してください。

歯茎が腫れてたら、、、

一体どんなことが起こっているのでしょうか❓

 

🔎歯周病🔎
歯茎が腫れる原因のひとつは、「歯周病」です。
これは歯と歯茎の間に入り込んだ歯周病菌が炎症を引き起こし、
歯を支える骨を溶かして、最後には歯が抜けてしまう病気です。
成人の8割が抱えているとされ、自覚症状のないまま静かしに進行します。
出血もある場合はかなり高い確率で歯周病です。
たとえ腫れや出血が一時的に治っても、歯周病が治ったわけではありません。

 

 

🔎膿がたまる🔎
もうひとつの原因が歯茎の中に膿がたまる、「歯の根の病気」です。
歯の神経が死んでしまったり、治療をした歯の根にトラブルが発生すると、
歯の根の先に膿がたまっていき、やがて行き場をなくして外に出ようとして歯茎が腫れます。
放っておけば歯周病と同じように次第に骨が溶かされ、やがて歯を失うことに、、、
膿が出たり、腫れが引いても安心できません。

 

こういったお口の中の色々なトラブルに敏感に反応し歯茎が「腫れ」という形で報告をしてくれます。
早期発見、治療が大切ですので、早めに受診しましょう!

 

助手高野

明けましておめでとうございます!

新年、明けましておめでとうございます。🎍
皆様におかれましては輝かしい新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。
本年もしっかり皆様の歯の健康を守るよう努めて参ります!
2018年も宜しくお願い申し上げます。

今年もスタッフ一同、元気よく仲良く頑張っていきます✨
年末に悔いがないように業務に取り組めたらなと思います

🐶また、5000円でスーパーポリリンホワイトニングができる
お年玉キャンペーンも実施していますのでお気軽にお越しください💡🐶

助手 高野

矯正日のお知らせ🎍

1月
6日(土) 9時~12時
24日(水) 16時~19時

2月
3日(土)9時~12時
21日(水) 16時~19時

上記の通りです。
ご不明な点がございましたらお気軽にお申し付けください。

デンタルフロスと歯間ブラシ☆

こんにちは。歯科衛生士の松本です☆

先日歯周病のチェックをし、歯石を取った患者さんに

今のブラッシングについて色々話を聞いてみると、

 

『前回当院で買って帰ったフロスを使っていたんだけど、
無くなったのでお店で買ったフロスを使ってみると何か入らなくて…』

とおっしゃっていました。

定期的に健診に来られている方ですが
詳しく聞くと…

お店で買ったものはフロスではなく、

歯間ブラシでした!

 

デンタルフロスと歯間ブラシのが違うものだと

知らなかったようです。

 

デンタルフロスも歯間ブラシも

歯ブラシ歯ブラシ 赤では取れない歯と歯の間の汚れを

取るものではありますが

すき間の状態により、適したものが異なります!!

 

デンタルフロス

 

歯間ブラシが入らない、

歯と歯の間のすき間が狭いㆍほとんどない

という方適しています。

 

歯間ブラシ

 

 

歯と歯の間にすき間がある、

つながってる被せものが入っている

という方にオススメすることが多いです!

金属のワイヤーにナイロンの毛が付いているものや、

全てゴムで出来たものが種類としてあります。

 

この方には歯間ブラシが入るすき間は

ほとんどないので、早く気付くことができ良かったです☆

 

違いを説明し、再度フロスを使ってもらうことになりました。

 

間違ったものを使っている方も少なくありません。

 

歯医者で確認してもらいましょう☆

年末年始休診のお知らせ🎍

 

12月30日(土)〜1月5日(金)

は年末年始休診とさせていただきます。

 

新年度は1/6(土)からの診療となります。

患者様にはご迷惑をおかけいたしますが

何卒宜しくお願い致します。

 

 

1 / 1612345...10...最後 »