マイクロスコープとは

マイクロスコープとは、歯科用顕微鏡のことで患部を拡大して診ることができる装置です。
歯科治療は非常に細かい作業が要求される世界ですので、肉眼のみに頼って治療を行うことは、治療精度を下げてしまいかねません。
マイクロスコープにより、肉眼で診るよりも3~20倍に拡大した視野で治療を行うことができ、精度の高い治療が可能となります。
また、今まで「経験」や「勘」を頼ってきた治療では不可能だった高度な治療を行うことができるようになります。

問題点

肉眼で見た場合


マイクロスコープで見た場合

マイクロスコープを用いた根管治療

● マイクロスコープを用いない場合

神経が通っている根管などは、細く入り口も狭いため、肉眼で直接見ることが難しくなります。従来の治療では、ファイル(針状の根管治療機器)に伝わる手指の感覚に頼る治療やレントゲンによる確認など、手探りで行われていました。
しかし、肉眼やレントゲンのみでは、歯根の病状に気付けないことも多々あり、感染部分や感染神経の取り残しなどが起こりやすくなってしまいます。そのため、不完全な治療により、歯の根の先に膿がたまってしまい、再治療を余儀なくされる患者さんが多くいます。
マイクロスコープを使用することで、「経験」や「勘」を頼ってきた治療では不可能だった高度な治療を行うことができるようになります。

問題点

  • 歯根内の病状を見逃してしまう
  • 歯根内の汚れが残ってしまう
  • 薬が歯根の先端まで入らない
  • 治療後に痛みが残る可能性が高い
  • 二次的感染が起こる可能性がある

● マイクロスコープを用いた場合

マイクロスコープを用いた場合、歯の内部を拡大して診ることが可能になり、直接根管内を見ながら、正確に治療を行うことができます。歯根内の細かい部分の治療が可能となり、原因もはっきりと特定することができるため、より長持ちする治療が可能となります。

メリット
  • 精度の高い治療ができる
  • 抜歯する確率の低下
  • 再治療の大幅な低下
  • 診療速度の向上
  • 削る部分が最小限になる
デメリット
  • 保険が適用されない場合、
    費用がかかる
  • 1回あたりの治療が、
    長時間かかる
     

マイクロスコープを用いることにより、正確な診断や治療が可能になり、再度治療を繰り返す可能性も格段に減らすことができます。
抜歯しなければ治らない、インプラントや入れ歯をすすめられた方などは、マイクロスコープを用いた治療でご自身の歯を残せる可能性があります。

 

このような症状の方に有効

● 出血がある

歯や歯茎からの出血のある方は、歯根に穴があいている可能性があります。穴があると細菌感染をしてしまうケースもあり、出血や痛み、歯肉の腫れ、違和感などが生じます。
マイクロスコープを用いて調べることにより、患部を的確に発見することができます。

● 抜歯と診断された

「根管にひびが入っている」「虫歯により歯が崩壊している」などの原因により、抜歯と診断された方も一度ご相談ください。
マイクロスコープによる精密な診断で歯根の状態を確認し、抜歯せずに保存治療が可能なケースもございます。

上記の症状以外にも有効な症状は多くございます。
マイクロスコープを使用した精度の高い治療で、「かけがえのない歯」を残しましょう。  

マイクロスコープを用いた治療の
ご相談・お問い合わせは……

03-6279-6887