インプラントのメンテナンス

インプラントの使用感は天然歯と変わらず得られますが、それを持続するためには継続的なメンテナンスが必要になります。

特に「インプラント周囲炎」には気を付ける必要があります。

 

インプラント周囲炎とは

天然歯だと歯周病があるように、インプラント治療後は口腔内のメンテナンスを怠るとインプラント周囲炎にかかってしまうことがあります。

インプラント周囲炎とは、歯垢などにより細菌が繁殖することで、あごの骨に埋め込んだインプラントの周囲に起こる炎症で発生するものです。

インプラント周囲炎が進行すると、骨が溶けてインプラントが抜け落ちてしまうことがしまうことがあります。

 

ご自宅でのメンテナンス

インプラント周囲炎の発症を抑えるためには、毎日のご自宅でのメンテナンスが重要になります。当院では、正しいブラッシング方法等も指導させていただきますが、これを実施することで、結果的に残された天然歯も歯周病になりづらくなる等良い影響がでてきます。

 

当院でのメンテナンス

インプラント治療後しばらくは、3か月に1度は当院でのメンテナンスをおススメしています。

当院のメンテナンスは以下の手順で実施しています。

・お口の中の状態チェック

お口の中のの清掃状態、歯ぐきの腫れ、インプラントの状態など、インプラント周囲炎に見られる症状の有無の確認を行います。また、インプラントの具合や破損について確認します

・かみ合わせの確認

かみ合わせを確認し、不具合があれば調整します。

・レントゲンによる診断

レントゲン撮影を行い、インプラントと周囲の骨の状態から、歯槽骨の炎症や骨吸収などの確認を行います。

・ブラッシング指導

特に汚れが残っていた部分を中心に、効果的なブラッシング方法を指導します。歯ブラシの他、歯間ブラシやデンタルフロス、補助的な清掃用具の使い方も指導いたします。

・PMTCによる清掃

専用の機械を使ったプロによる歯のクリーニングです。自身の歯ブラシで汚れを落とせるのは全体の6割程度です。それ以外の汚れは、歯科医院でのクリーニングで落とす必要があります。