インプラント治療とは

失った歯を補うための治療方法として、「入れ歯」、「ブリッジ」、「差し歯」などがありますが、使用感では天然の歯と比べて劣るものばかりでした。見た目、使用感も含めてご自身の歯と変わらない治療法として「インプラント治療」があります。

インプラント治療は、歯を失った部分の顎の骨に人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を被せる治療です。人工歯根には「チタン」が使われますが、骨とくっつきやすい性質を持っておりしっかり固定されます。また、人工歯に使われるセラミックは透明感に優れており、天然歯(ご自身の歯)と同様の仕上がりを得られます。入れ歯のように留め具を他の歯にひっかけたり、ブリッジのように支えとなる両脇の歯を削ったりする必要がないのも特徴です。

これまで通り、ご自分の歯と同じように自然に噛めることを希望される方に向いています。

 

インプラント治療の特徴

〇メリット

・味や触感、見た目が天然歯と変わらない

・あごの骨に力が加わるため、あごの骨のやせていきづらい

・耐用年数が長い

〇デメリット

・外科手術が必要になる

・重度の糖尿病等の疾患がある場合、治療ができないこともある

・自費治療のため治療費がかかる

 

当院のインプラント治療はこちらをご覧ください。

 

世田谷区 千歳烏山駅すぐのインプラント治療

南烏山IS歯科クリニック

1 / 11