顎関節症の治療について

こんにちは、歯科衛生士の早川です。
暑い日が続いたかと思えば、大雨が降ったり
不安定なお天気が続いていますが、
皆さんいかがお過ごしですか。
夏はまだまだ続きますが、栄養補給、水分補給を
して夏を乗りきっていきましょう‼

さて、前回は顎関節症についてご説明をさせて頂きました。
今回はその治療法についてご説明していきます。

顎関節症の治療は
診断内容や治療に対する反応により多少変わります。

そしてまず、大切なのは
ご自身で十分注意するということが改善の第一歩です。
最近は、歯牙接触癖という言葉もでてきましたが、
ご自身の生活の中でアゴに負担のかかる癖などはないか
自覚がある場合は、出来るだけその癖をしないように
心がけることも必要です。

治療に関しては
スプリント治療法
咬合治療法
などがあります。

スプリント治療法
プラスチックでできた装置(スプリント)をもちいて
アゴの位置を安定させ、筋肉をリラックスさせる目的。

全ての歯をプラスチックでできた装置で覆い、
それらが均等に接触するように作り、
アゴの負担を軽減します。
就寝時に装着して頂くのが、通常ですが
日中くいしばり等を自覚されるかたは
その都度、付けていただいても構いません。

咬合治療法
アゴの位置を支え安定性を得るために
噛み合わせを調整する事もあります。
ただし、1度削った歯は
元には戻せませんので、
歯を削らずに済む他の方法を優先してみましょう。

アゴに違和感、くいしばり等がある場合は
お気軽に当医院にご相談ください。
お待ちしております。

早期発見!

こんにちは!7月に入りますます暑くなってきましたね☀️
今回はむし歯のお話をしたいと思います。
みなさんは歯が痛くなってから歯医者さんに行っていませんか?
痛くなってからでは治療が大変になってしますこともあります。
早期発見、早期治療を心がけましょう🔎

💡神経を取ると“寿命”が短くなる!
むし歯が進行すると“神経”を取らなければなりません。
神経をとってしまうと歯がもろくなり、その寿命も短くなってしまいます。

💡治療したところほど“再発”しやすい!
治療した箇所は以前よりもさらにむし歯になりやすい環境になっています。

むし歯は“痛くなってから”では、神経を取ったり、つめもの、かぶせものを外して大掛かりな再治療などが必要になってしまいます。歯を守るためには定期的なチェックが欠かせません!
ぜひ、検診にお越しください✨お待ちしております😊
助手 高野

下半期に入りました

こんにちは。受付の小柳です。

今回は当院に置いてある数々の商品の中から
私のおすすめを紹介いたします。
それはこちらです‥!
IMG_1442

こちらの”マキシマ”の特徴は
ヘッドが2.6㎜とコンパクトで
奥歯や歯の裏まですいすい磨くことが出来ます♪
ラバーグリップの為持ち手が滑りにくく
操作しやすいところもポイントです。
マキシマを使うようになってから
今まで使っていた歯ブラシが磨きづらく
感じるくらいスムーズに磨けます(^^)
皆さんもぜひお試しください☆

7月に入り暑い日が続きますが、水分補給を忘れずにこれからの暑い夏を乗り越えましょう🎐

歯磨き粉♪

こんにちは!助手の高野です(*^_^*)

7月に入り一気に夏らしい気温になってきましたね!
まだまだ夏の始まりですがなんだかワクワクしています(^O^)!

さて、今回は歯磨き粉の紹介、第2弾をしていこうと思います!

こちらです✨✨
image

ブリリアントモア
こちらは、清掃助剤「ピロリン酸ナトリウム」がステインを歯の表面から浮き上がらせ、ブラッシング+清掃剤で浮き上がったステインをすっきり落とします!
さらに、さわやかなフレッシュスペアミント、女性に大好評のアプリコットミント、2つの香味から選べます!

着色が気になる方や、歯を白くしたい方にオススメです✨✨✨

クリーニングとホワイト二ングの違い!?

こんにちは☆歯科衛生士の松本です!

先日治療で来られた患者さんに

ホワイトニングもしたい!

と言われたので
少しお話を伺うと
患者さんは歯のクリーニングの
ことを言われているようでした☆

みなさんは歯のクリーニングと
ホワイトニングの違い
わかりますか??

クリーニングは歯についた
歯石や歯垢を除去し、
さらに汚れが着きにくくするため
歯をツルツルに磨きます!

IMG_6607

この際すぐに取れるような
着色は一緒に取ることが
できます。

ホワイトニングは
いわゆる歯の漂白!!

薬剤を使って自分の歯を
本来の白さよりも白くします☆

IMG_6608

そして
クリーニングは保険適用ですが
ホワイトニングは自費診療です

ホワイトニングがしたいと
来院された患者さんでも
気になっていたのは実は
クリーニングで落とすことの
できる着色だった!
ということもよくあるので

歯の色が気になるという方は
まずはクリーニングを受けてから
考えてみてはどうでしょうか(^^)

1 / 11